春日局の菩提寺~ 麟祥院

麟祥院(りんしょういん)は妙心寺の塔頭で、寛永11(1634)年、徳川三代将軍家光が乳母・春日局のために創建した香華所です。寺名は春日局の戒名に基づくものです。局は昨年度のNHK大河ドラマの主人公・江(家光の母)のライバルとして登場しました。江は信長の姪、局は光秀の重臣・斉藤利三の娘で、戦国からの因縁を引きずった関係でした。見所は①後水尾天皇より拝領した釣殿を移築した御霊屋。祀られている春日局の木像と建物は小堀遠州の作と伝えられています。②方丈には海北友雪(友松の子)による「雲龍図」が描かれています。雲の上を飛ぶ雄の龍と、海の上を渡る雌の龍という珍しい組み合わせです。③家光が建立し、局が信仰していたという春日稲荷社も入り口の右手にあります。通常は非公開寺院ですが特別公開時にはぜひ拝観をおすすめします。(右京区花園妙心寺町49)

麟祥院の入り口から本堂へのアプローチ

御霊屋に祀られている春日局の木像 (複製)

方丈の襖絵に見る雄の龍 (複製)

方丈の襖絵に見る雌の龍 (複製)

麟祥院の拝観受付の横にある春日稲荷社

sakuragai6 の紹介

京都を愛する、ロマンティストの男性シニアです。
カテゴリー: その他, 人物, 動物, 寺院   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>