仁和寺八十八ヶ所巡拝のみどころ

仁和寺の北西に成就山八十八ヶ所と呼ばれる巡拝コースがあります。四国まで行けない人のため文政10(1827)年に、仁和寺第29世門跡・済仁法親王が発願され、各霊場の砂を埋めてミニ霊場としたものです。 四国遍路約1200キロ、徒歩巡拝約50日に対して、このミニ霊場は総距離3キロ、所要時間で約2時間という簡便なものですが、難所も仕掛けられ、途中市街を見晴らす絶景のポイント(最高点の標高は236m)や御室の黒石などの名所も用意されていて楽しめます。順路に沿ってお堂が点在し、それぞれの本尊と弘法大師像が祀られていますが、全体的に仏像の美しさには目をみはるものがあります。なお標識には約2時間と表記してありますが、楽しむためには3時間はかけたいところ。ポイントとなる見どころを以下にピックアップしてみました。

① 5番札所地蔵寺に安置されている五百羅漢はカラフル、本尊は将軍地蔵菩薩。

② 41番札所龍光寺(三間の稲荷) 珍しい六角形の屋根の堂宇を三周して願い事をすれば霊験あらたかの由。

③ 53番札所円明寺 岩盤の上にある最大の難所。

④ 80番札所・国分寺、御室の黒石、小堂の左手の石棚で囲われた石を撫でると下半身いっさいの病気が治癒するという。

⑤ 82番札所根香寺 生花の献花が絶えない、某女優さんが願い事がかなえられたお礼に欠かしたことがないという。

⑥ 23番札所薬王寺からは双ヶ丘、43番明石寺から愛宕山、50番繁多寺と51番石手寺の間からは京都市内、それぞれの眺望が美しい。

23番札所からみる双ヶ丘方面の眺望

sakuragai6 の紹介

京都を愛する、ロマンティストの男性シニアです。
カテゴリー: 仏像, 寺院, 風景   パーマリンク

仁和寺八十八ヶ所巡拝のみどころ への4件のコメント

  1. 川面初子 より:

    明けましておめでとう御座います。
    お正月如何お過ごしですか?穏やかな元旦で喜んでいましたら今日は雨。パソコンで遊び、先日送って頂いたブログを見せていただいてます。御室の88か所私もご一緒して楽しかったです。市中や山の見える場所ビューポイントも写真を撮りながらしっかり把握されてさすがです。またご一緒できる日を楽しみに・・そして12日のお誕生会で皆様にお会いできるのを楽しみにしています。
     
     
     

  2. sakuragai6 より:

    川面初子様
    明けましておめでとうございます。
    ブログをご覧頂いて有難うございます。 最近はすっかり、はまってしまってこのページは週に1回のインターバルですが、「なう」のページは毎日のように更新しています。薔薇の花の下にある「なう」をクリックしてご笑覧ください。
    今年もいろいろとお付き合いのほどよろしくお願いします。
     

  3. ぽん より:

    あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
    ほんまに年末年始は、ニアミスでしたね。
    八十八ヵ所巡りは随分前に行きました。もう30年近く前のことですが、佇まいが全く変わってませんね。1円玉88枚を持ち、お供えしながら仏様を一体ずつ見ていくと楽しかったです。

  4. sakuragai6 より:

    ぽん様
    おめでとうございます。八十八カ所歩きだけでは物足りないのではということで、双ヶ丘の三山を加えて、歩きの仲間の人たちと一緒に廻ったのですが、けっこう足応え(?)がありましたよ。私も30年~40年ぶりのことでした。確かに佇まいは変わっていないのですが、インパクトが異なるのは年のせいでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>