山科義士まつり

毎年12月14日には年末の風物詩のひとつとして「山科義士まつり」が行われます。討ち入り装束に身を固めた義士隊の行列が勇ましく街を練り歩きます。行列のコースは山科区の毘沙門堂をスタートして大石神社までの区間ですが、途中スーパーマーケットの駐車場にしつらえた会場では可愛い幼稚園児の子供義士隊の勝ち鬨や、「刀傷松の廊下」、「切腹」、「連判状改め」「討ち入り」のお芝居と女性たちによる「大石音頭」、「元禄花見踊り」などが祭りに華を添えます。なお山科地区を含めて京都府内には実に30箇所近くもの赤穂浪士ゆかりの社寺などがあります。今回はその中でも、珍しい滑石街道沿いにある大石良雄の腰掛石と岩屋寺にある北垣国道の書になる大石良雄隠棲地の石碑を選んでご紹介します。

 山科区役所に近いスーパーの会場を出発する義士行列

 お芝居「松の廊下」の一場面(東映の俳優さんの出演です)

 地元の女性たちによる「元禄花見踊り」

 滑石街道沿いにある大石良雄の腰掛石

 岩屋寺にある大石良雄君隠棲旧址の石碑(北垣国道書)

sakuragai6 の紹介

京都を愛する、ロマンティストの男性シニアです。
カテゴリー: , 石碑, 祭り   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>