南北朝時代の武将の戦没遺蹟  二題

①名和長年  鎌倉時代の末期、名和長年は隠岐を脱出した後醍醐天皇を伯耆の船上山に迎えて挙兵。鎌倉幕府軍を破りますが、のちに足利尊氏を京都に迎え撃ち戦死します。その場所は上京区西陣の名和公園のあたりとされています。いまも公園内には巨大な石碑が建っています。名和長年は「三木一草」と称えられています(三木一草とは建武政権で重用された四人のことで、三木は名の一部に「き」のつく結城(ゆうき)親光、楠木正成、伯耆守(ほうきのかみ)名和長年、一草は千種(ちぐさ)忠顕を指します。なお忠顕卿は足利直義と激戦のすえ比叡山麓の雲母坂で戦死しました(石碑の写真は2010年10月22日付け本欄をご参照)。

②楠木正行  楠木正成の嫡男。湊川の戦いで戦死した父の意志を継いで南朝軍の将として活躍しますが、四條畷で高師直の大軍と戦って破れ自刃しました。正行の首塚といわれる石仏が意外な場所、宇治市六地蔵の正行寺にあります。(嵯峨の宝筐院の首塚は2011年6月16日付の本欄をご参照)正行の遺命により部下が首級を吉野に持ち帰る途中で足利軍に追われ、この地に祀ったそうです。

児童公園の中にある名和長年の戦没遺蹟

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          宇治市六地蔵柿の木町 正行寺の入り口

正行寺の境内にある楠木正行と弟・正時の首塚

sakuragai6 の紹介

京都を愛する、ロマンティストの男性シニアです。
カテゴリー: 墓石, 寺院, 石仏, 石碑   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>