千利休ゆかりの寺院から  三題

①妙喜庵 (大山崎町)  臨済宗東福寺派。連歌俳諧の始祖として知られる山崎宗鑑の隠棲地と伝えられています。千利休が天王山合戦で陣中に、二畳隅炉の茶室をつくり秀吉に茶を点じたそうです。その後に解体されて妙喜庵に移されたといわれています。茶室待庵(国宝)は利休作の唯一の現存する遺構です。井上靖の出世作「猟銃」には“妙喜庵の閉ざされた古い門の屋根の下で時雨をやり過ごしながら見上げる天王山の紅葉の美しさに息を呑んだ”という一節があります。(拝観は1ヶ月前に往復はがきでの申し込みですが、少人数でゆっくり雰囲気を楽しめます)。

②聚光院 (大徳寺山内)  戦国の武将・三好長慶の菩提を弔うために創建されたこの寺は、開祖の笑嶺和尚に参禅し檀越となった千利休が両親と二子を弔ったことでも知られています。境内の墓地には千利休をはじめ三千家歴代の墓があります。(特定期間の公開)  

③高桐院 (大徳寺山内)  細川三斎が父幽斎の菩提所として創建。開祖は幽斎の弟の玉甫紹琮。燈籠の墓は細川三斎とガラシャ夫人。三斎の墓塔は、もとは利休の燈籠でしたが、秀吉に望まれたために利休がわざと笠の一部を削って断り、切腹の折に遺品として三斎に贈ったものだそうです。なお三斎は和歌・絵画に通じ、茶の湯は千利休門下七哲の一人に数えられています。(通年公開)

                                        「猟銃」の一節に登場、三杉穣介と彩子が時雨をやり過ごした妙喜庵の門前

                                                                                                                 茶室のある妙喜庵の内部

                                                                                                                                                                                                                                         聚光院の境内にある千利休の墓(正面真ん中の供養塔)

                                                                                                                                                                                                                                                               高桐院の墓地にある利休から三斎に贈られた墓塔(右側が欠けている)

sakuragai6 の紹介

京都を愛する、ロマンティストの男性シニアです。
カテゴリー: 墓石, 寺院, 茶室   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>