近畿で最大規模の日吉ダム

日吉ダムは丹波高原を流れる桂川を、南丹市日吉町の山峡でせきとめた多目的ダム。実に37年の歳月をかけて平成10(1998)年に完成しました。ダム湖の貯水量は6,600㎥と東京ドームの53杯分の水を貯える巨大な人造湖ですが、珍しいのは日本で初めてダムの堤体内部を見学できるようにしたインフォギャラリー(見学者用通廊)と、ダムのすぐ下流に温泉があり露天風呂や室内温泉プールのほか日本最大級の道の駅があることなどです。エレベーターで堤体深く降りると、高さ、幅が7mのコンクリートの通路と空間にいろいろな展示や仕掛けがあり時間があればゆっくり楽しむことができます。ダム本来の役目は①洪水の調節②正常な流水の確保③水道用水の確保にありますが、管理用発電所もあってダムで使う電気を起こして、余れば電力会社に売り、管理費の軽減に役立てています。世間では「ダムはムダ(無駄)だ」とのバッシングもありますが、日吉ダムのように広く一般に開かれた施設にしようとする姿勢は、町のオアシスとして評価できます。 なお建設中の「畑川ダム」の情報がありますので、このページの上部のバラの花の下にある「なう」をクリックしてご覧ください。               

    

   前方の正面はダムの本体、右側の円形橋からダムのゲート付近

 を真下から見学することができます。                                                                     )

         

    若湖(あまわかこ)の愛称で親しまれるダム湖

  

                                                                                                                   ダム堤体の最上部から斜めに見る

  

                                                                                                                      日本では珍しいインフォギャラリー

 

      (場所) 京都府南丹市日吉町

    (アクセス) JR山陰本線日吉駅下車 市営バス 10分

sakuragai6 の紹介

京都を愛する、ロマンティストの男性シニアです。
カテゴリー: その他   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>