京都が誇るべき議定書のモニュメント

 京都府立植物園入り口「けやき通り」の南側の鴨川河畔に黄金色に輝く巨大なモニュメントがあり

ます。平成9年(1997)12月に世界から多くの人が京都に集まり、地球温暖化防止会議が開かれ、

現代文明の豊かさの代償として増えつづけてきた、温室効果ガスを減らすための[京都議定書」が

採択されました。京都府はこの歴史的意義を後世に伝えるために、広く全国から募集した約250

点のモニュメントデザインの中から最優秀賞を受賞した彫刻家・酢谷宏氏の作品をもとにモニュメン

ト広場を建設しました。作品はブロンズに金メッキを施したもので、タイトルは「地球からのメッセー

ジZERO」で二本の角が弧を描いてゼロを形成しています。地球温暖化に向けてゼロから始めよう

という決意を示したものです。

平成10年(1998)3月に設置された京都議定書モニュメント

sakuragai6 の紹介

京都を愛する、ロマンティストの男性シニアです。
カテゴリー: その他   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>