金戒光明寺と光雲寺

平成23年のNHK大河ドラマ「お江」の先取りか、金戒光明寺にあるお江の供養塔には新しい

看板が立ち、早くも観光客の姿が散見されます。また東福門院ゆかりの光雲寺では、先ごろ

の庭園の公開に続いて、1月からは「京の冬のたび」に参加して、遺品の特別公開を予定して

います。東福門院は徳川和子(まさこ)のことですが、徳川秀忠の5女で後水尾天皇の中宮です。

金戒光明寺にある秀忠の継室・お江の供養塔は春日局が追善供養のために建立したもので、

遺髪が納められているそうです。 左隣には春日局の供養塔もあります。

    金戒光明寺のお江の供養塔

  金戒光明寺にある春日局の供養塔

   南禅寺の境外塔頭、光雲寺、東山を背景にした外観

 光雲寺庭園 (東山を借景に池には琵琶湖の水を引いています)

sakuragai6 の紹介

京都を愛する、ロマンティストの男性シニアです。
カテゴリー: 寺院, 庭園, 石碑   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>