京都御所の隠れポイント

京都御所の平成22年の秋の特別公開が始まりました。  (11月17日から11月21日まで)

何といっても見どころは庭園ですが、つい見落としがちな意外性の場所を取り上げてみました。

① 道喜門(どうきもん)   建礼門の東横にある門で、粽司・川端道喜が「お朝物」とよばれる

お餅を毎日届けた通用門です。

② 亀卜の座(きぼくのざ)    宜陽院から紫宸殿に通じる敷石廊下を軒廊といい大嘗祭の前に

亀の甲羅を焙って斎田の候補地を占なった石です。

③ 滝口    清涼殿の中庭の西に流れがあり、それを辿ると僅かな落差の滝口があります。

昔、警護の武士が控えていたところで「滝口の武士」(平家物語の滝口入道=斉藤時頼)で知られ

ています。

                 道喜門

                亀卜の座

                 滝口

       御池庭 (池を中心にした回遊式庭園)

sakuragai6 の紹介

京都を愛する、ロマンティストの男性シニアです。
カテゴリー: 庭園, 建物, ,   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>