海住山寺の五重塔と藤堂高虎の遺跡

① 海住山寺   加茂町の三上山の中腹にある、このお寺は毎年10月の最終土曜日から9日間

にわたって国宝・五重塔の特別公開を行っています。 山麓から寺までの800mは、かなり

険しい山道で道巾も狭いので自動車は一般車が限界です。 紅葉に彩られた五重塔の美しさは

見事です。 塔内には重厚な仏舎利塔とそれを守る四天王の秀逸な仏像が印象的です。

② 藤堂高虎の供養塔  加茂町の旧燈明寺の墓地には築城の名手で津幡の藩主・藤堂高虎の

供養塔があります。(寛文年間の銘) 大阪城を築城の際に彼が自ら加茂に滞在して石材を手配し

たゆかりから加茂支庁舎の前には藤堂高虎を偲んだ「残念石」なども展示されています。

     海住山寺の国宝・五重塔(木津川市加茂町)

   藤堂高虎の供養塔への道しるべ(加茂町北山ノ上)

 藤堂高虎の供養塔など石碑が点在(旧燈明寺の墓地)

sakuragai6 の紹介

京都を愛する、ロマンティストの男性シニアです。
カテゴリー: 寺院, 石碑   パーマリンク

海住山寺の五重塔と藤堂高虎の遺跡 への2件のコメント

  1. 長尾美保子 より:

    お元気でご活躍のご様子、何よりです。
    私も先日海住山寺へ、初めて出かけました。
    あの鄙びた山の中に寺院を造り、守る民衆の強い力を感じます。
    いつもながらお写真がとても綺麗ですね。
    すごい腕前、感じ入っています。
    ただいま、奈良に凝っています。横穴式古墳を見に行ったり、蔵王権現様にお会いしに出かけたりしています。
    明日から12月末にかけ、古典芸能(歌舞伎・能)に浸ります。
     
     

  2. sakuragai6 より:

    長尾美保子様
    有難うございます。 写真をお褒めに預かり恥ずかしく、恐縮です。 
    まだまだ本当に素人の域をでません。
    なお「花なび」にもアップしていますので、お時間のある時に見てやってください。
    私も早く京都を卒業して奈良の勉強に進みたいです。
     
     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>