きらら坂から比叡山を目指して

京都一周トレイル(東山三十六峯の最南端、稲荷山から比叡山、大原、鞍馬を経て高尾、嵐山、

苔寺に至る約70kmのコース) の今回は第4回目の挑戦。、銀閣寺から瓜生山を経由して八瀬の

ケーブル乗降場に至るまでの登山道に見られる二つのモニュメントのご紹介です。

①千種忠顕卿戦死之碑

千種忠顕は後醍醐天皇の側近で建武中興の功臣です。足利尊氏勢と比叡山山麓の水飲で

戦い戦死した場所を示す石碑です。 近くには水飲対陣跡の石碑もあります。

②浄刹結界址碑

比叡山延暦寺の境界を示す石標で修行僧はここからは下ることができないことを意味しています。

かっては山中に何本か点在していたのですが現在も残っている貴重な一本です。

 

             千種忠顕卿戦死之地

              浄刹結界址碑

sakuragai6 の紹介

京都を愛する、ロマンティストの男性シニアです。
カテゴリー: 石碑   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>