室町幕府の発祥地

室町幕府の名称は、尊氏の孫・足利義満が室町に「花の御所」といわれた邸宅をつくり、幕府を

置いたことによります。  しかし初代将軍・尊氏の邸宅の場所は二条高倉第にありました。

したがってここが最初の足利幕府の所在地だったのです。 この邸宅の一角には等持寺と呼ば

れる御堂や守護神の八幡宮がありました。 等持寺とは尊氏の邸宅を後に寺に改め、尊氏の

法名をとって寺号としたもので寺域も拡大されているようです。 足利歴代将軍の木像を安置して

いることで有名な等持院は本来は等持寺の別院だったそうです。 御池通高倉の南西角にある

御所八幡宮も、尊氏邸のなごりなのです。 かって尊氏は「われ天下をとらば必ず三寺を建てん」

と心に誓ったのですが、いざ寺を建てようとすると思うように材木を得られなかったので、一寺を

もって三寺に当てるべく「寺」の字三つをよせて「等持寺」と名付けたそうです。 なお丹波安国寺

の境内周辺には尊氏の誕生井などがあります。

  

 中京区高倉通り御池上ル東側の京都府保険事業共同組合

 の前に建つ 「足利尊氏邸・等持寺跡」の石碑

 

 上京区烏丸通今出川上ル西側「大聖寺」の

 山門を入った東側に建つ「花の御所」の石碑

 

 「足利尊氏公産湯之井」(京都府綾部市) 丹波安国寺は尊氏

 直義兄弟が夢窓疎石の勧めで全国66カ国 に建立した安国寺

 の筆頭寺院。境内周辺には尊氏の生誕地の伝承があります。 

sakuragai6 の紹介

京都を愛する、ロマンティストの男性シニアです。
カテゴリー: 井戸, 石碑   パーマリンク

室町幕府の発祥地 への2件のコメント

  1. ヘルブラウ より:

    ちょうど足利氏一族の発祥地へ行きましたので、ヒットの記事です。
    多分私の方では前後しましたが次回UPしますのでみてください。
    今大阪ですが、日本滞在もあと3日となりました。
    最初のころ五感でさくらがいさんたちとお会いしたことが遠い日のような気がします。
    お会いできて、その上におみやげもいただきありがとうございました。
    これからもブログでのお付き合いどうぞよろしゅうにー!

  2. sakuragai6 より:

    ヘルブラウさま

    そうですか。 もう少しお時間があれば時代祭(22日)をゆっくりご覧になれますのにね。 平成19年から室町幕府執政列と室町洛中風俗列が新たに参加しましたが,
    前者は足利将軍(義政をイメージ)を中心に三管領四職や公家、博士、医者などユニークな列で構成しています。 また後者は室町時代に流行した風流踊りを再現しています。当時は男性のみで女装姿など奇抜な装束が特徴ですが見どころはカラフルな装束です。 当日は私も取材に出向く予定ですが高等学校の同窓会と掛け持ちで忙しい日になりそうです。 どうぞ残り僅かな時間をエンジョイしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>