比叡山延暦寺の隠れスポット

延暦寺は比叡山の山内に点在する約150の堂塔の総称ですが,何といっても凛とした静けさの中に

心地よい冷気とエネルギーのシャワーが抜群です。いくたび訪れてもそのつど新しい発見に出会え

ますが,今回は意外性のスポットにライトを当ててみました。 ①浄土院の裏参道の入り口 平泉の

中尊寺の貫主を務めた天台宗の大僧正今東光坊が寄進した供養塔があります。小説家で弟子の

瀬戸内寂聴さんは法名「今春寂」からその一字を頂いたものです。 ②根本中堂を守る鬼瓦 建物の

南側から見ると凄い迫力です。③聖女塚 大講堂の前にある石仏です。尊意僧正の夢に女人が

現れ座主の就任を祝ったが翌日そのとおりの実現に僧正は夢を思い出して塚を築いたそうです。

④浄土院 山内で最も清浄荘厳な聖域です。比叡山の三大地獄のひとつ掃除地獄の舞台です。

(他は回峯地獄、看勤地獄いずれも修行の厳しさを表現しています)

  

   供養塔の刻銘は「中尊寺東光坊春寂」

 

    延暦寺の総本堂・根本中堂を守る鬼瓦

 

  聖女塚 (女人禁制の山に現れた不思議な霊女の塚)

  浄土院 ( 伝教大師の御廟を守る鬼門除けの猿 )

sakuragai6 の紹介

京都を愛する、ロマンティストの男性シニアです。
カテゴリー: 寺院, 建物, 石碑   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>