珍しい櫻石

 亀岡市の湯ノ花温泉に近い山中で珍しい櫻石が産出しています。鉱物学上は花崗岩と粘板

岩とが接触してできたもので菫青石(きんせいせき)の結晶が雲母に変質(仮晶)した石です。

断面が櫻の花模様を浮き彫りにした感じで櫻石と呼ばれています。大正11年に国の天然記

念物に指定。しかし残念ながら盗掘のために残り少なくなっており文化財保護のために現在は

山麓に金網のネットが張られ入山することはできません。石に関心のある方は櫻天満宮と同じ

境内にある積善寺でご家族のおられる時に拝見することができます。櫻石が見られるのは全

国的にもここ亀岡市と茨城県のみどり市ぐらいのようです。

 e6abbbe79fb3

 e6abbbe79fb3e291a1

   櫻石 (亀岡市稗田野町柿花 積善寺内)

e7a98de59684e5afba

      積善寺 (永観堂の末寺) の山門入口

e6abbbe5a4a9e6ba80e5aeae

  櫻天満宮 (積善寺の境内) 菅原道真の自作の土像が祀られており

  境内に産出する岩石をだれいうとなく菅公の威霊の表れと伝え桜石

  と呼ばれるようになったそうです。

sakuragai6 の紹介

京都を愛する、ロマンティストの男性シニアです。
カテゴリー: 寺院, , 神社   パーマリンク

珍しい櫻石 への2件のコメント

  1. ぽん より:

    ずいぶん前に取材で拝見しました。私は神社で見せていただいたんですが、小さいプラスチックの容器に入っていて、あんまりありがたくなかったんです。
    当時から、貴重なものって言っておられたんですけどねぇ。やっぱり、貴重品はしかるべき器が必要ですね。

  2. sakuragai6 より:

    ぽん様

    そうですね。  でも今も小さな石はプラスチックの容器に入れたままで飾っておられますよ。上の3個の石は容器から取り出して平面に並べて撮影したものです。 下は大きな石に浮き彫りになっていて、迫力はありますが断面の花柄は小さい石のほうが判り易い感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>