京都非公開文化財の特別公開から~

平成22年の春季特別公開が始まりました。 見る人によって関心の対象はまちまちですが

ランダムに2寺院の寸感を・・・・   ①金戒光明寺   御廟の内部が公開されるのは初め

てですが、 浄土宗の宗祖・法然上人の遺骨が祀られた内部には五輪塔があり上層部に

は勢至菩薩が安置されています。 一方、山門の楼上には釈迦三尊像をはじめ十六羅漢

像が、また天井一面には蟠竜図が描かれています。 ポイントは眺望です。 京都守護職の

本陣跡だけに洛中洛外の状況の把握にはパーフェクトなビューです。  ②大統院(建仁寺

の塔頭)  みどころは耕雲庭、丸山応挙の幽霊図、京焼・清水焼の先駆者展などで す。 

焼物展は代表的な作家の作品が網羅されており京都検定の受験者には格好の教材

です。      (公開期間 15社寺 5月9日まで)
 

 e5b1b1e996801

   金戎光明寺の三門 〔楼上からの景観は抜群だが、景色も

   撮影禁止という物々しさ ) 

e5baad

   大統院の庭園、(耕雲庭 作庭は北山安夫氏)

e5a4a7e7b5b1e999a2

  大統院の外景〔建仁寺本坊の南東にあるこじんまりとした塔頭)

sakuragai6 の紹介

京都を愛する、ロマンティストの男性シニアです。
カテゴリー: 寺院, 庭園   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>