名勝天王山とその周辺を歩く (その1) 宝積寺

山城の国と攝津の国の境にあたる山崎には宝積寺や観音寺(山崎聖天)の寺院に離宮八幡宮

などの神社が立ち並んでいます。 サントリーの山崎工場には、かっては西観音寺と言う寺院

もありましたが明治維新後の神仏分離によって廃寺になりました。  この寺には冥界の王たち

の見事な群像があり、これらはいま宝積寺に納められています。 宝積寺の本堂はあいにくと

床が崩落のため拝観中止になっていますが、珍しい閻魔大王と眷属4役の揃い姿と大黒天の

御影は拝することができます。   一寸法師の物語では一般に「打ち出小槌」と言いますが

当寺には「打ち出小槌」がそれぞれあって打出は弁財天神、小槌は大黒天神の如意御神器

です。  有名な山崎の合戦で秀吉が一夜にして建立したと伝えられる三重塔も健在です。

 e996bbe9ad94e5a4a7e78e8b

       閻魔大王と眷属の御影 (重要文化財)

 e794bbe5838f-040

           打出と小槌 (御神器)

e4b889e9878de381aee5a1941

  秀吉が山崎の合戦の勝利を記念して一夜にして建立した

  と伝えられる三重塔

sakuragai6 の紹介

京都を愛する、ロマンティストの男性シニアです。
カテゴリー: その他, 仏像, 建物   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>