モニュメント  北緯35°物語

京都の四条通りには北緯35°線が通っています。  北緯35°線は古くから東洋の文化線とい

われ東京、名古屋、大阪、遠くは中国の徐州、洛陽、西安と通っています。   平成22秋の

閉店を発表した四条河原町阪急の角にモニュメントがあるのに気付く人は少ないでしょう。    

台風シーズンになると天気予報は経緯度を盛んに報道しますが、地球上でこれほど一つの地

点を正確に決定するものはありません。   この地点から北を向きそして35°上を向けばそ

こに北極星があります。   消え行く文化の発信基地を星はどう見ているのでしょうか。

 e58c97e7b7afefbc93efbc95e5baa6e59b9be69da1e6b2b3e58e9fe794ba1

     四条河原町東南角のモニュメント ”北緯35°物語”

 e998aae680a52

                     四条河原町阪急

sakuragai6 の紹介

京都を愛する、ロマンティストの男性シニアです。
カテゴリー: 建物, 石碑   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>