伏見稲荷大社の不思議

お正月の初詣でにぎわう伏見稲荷では今年も約270万人の参拝客が見込まれています。

本殿正面の注連縄の飾りつけも完了して迎春の準備はスタンバイです。 (写真上)

ところで写真(中央)のめずらしい、ミステリアスな映像をご覧ください。

奥社奉拝所の神石の上に現れた赤い風船のような映像ですが、神社の方のお話では

千本鳥居の入り口付近で、まれに参拝者のカメラに白狐の横顔が写っていたという不思議な

現象もあるそうです。    これは肉眼では見えない神霊の幻影かも分かりませんね。            

新年の初夢あわせの代わりにご紹介してみました。       写真(下)は眼力大神のお塚に

ある青銅製の狐像で参拝者になかなかの人気です。   

e7a8b2e88db7e69cace6aebf

e7a8b2e88db7e5a5a5e7a4bee5a589e68b9de68980e381aee4b88de6809de8adb01

e79cbce58a9be7a4be2

sakuragai6 の紹介

京都を愛する、ロマンティストの男性シニアです。
カテゴリー: 神社   パーマリンク

伏見稲荷大社の不思議 への2件のコメント

  1. ぽん より:

    遅ればせながら、明けましておめでとうございます。昨年はいろいろとありがとうございました。また今年も遊んでくださいね。
    よろしくお願いいたします。

    この狐さんに、会ってこられたんですね。
    ここまで上がるのは、この寒さでも汗ばまれたでしょう。
    で、真ん中の写真! テレビに投稿できそうなお宝画像です!すごいっ。

  2. sakuragai6 より:

    ぽんさま

    新年おめでとうございます。 本年もよろしくお願いします。

    実は真ん中の写真はAugustaugustさんにお借りしたものなのですが、まさに
    アニミズムの原影といえるのではないでしょうか。 稲荷大神がお散歩されたほんの一瞬をカメラがとらえたのでしょうね。

    眼力社(下の写真)のほかにも清滝にみられる、全身が緑いろに苔むした狐の石像も面白かったですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>