大雲院 (祇園閣 )のみどころ

        ①  祇園閣

    大雲院の境内にあり昭和3年(1928)に大倉喜八郎氏が建立したものです。 祇園祭り

    の鉾の外観をしていて最上階から市街が一望できます。 また通路や階段の壁面には 

    敦煌の莫高窟の美しい壁画が模写されています。   寺宝も見ごたえがあります。

    ②  織田信長父子のお墓

    貞安上人が正親町天皇の勅命により信長、信忠父子の菩提を弔うために開山され  

    信忠の法名にちなんで大雲院と名づけたものです。

    ③  石川五右衛門のお墓

    彼が三条河原でかまゆでの刑に処せられる前にたまたま当寺のl門前を通りかかって、

    貞安上人の教化をうけて感涙したことから、死後に当寺に埋葬したのだそうです。

    なおその他の情報につきましては平成20年5月26日付の本欄をご参照ください。

    また平成21年秋の特別公開期間は11月30日までです。

 e7a587e59c92e996a3e3839be383bce383a01

                         紅葉に包まれた祇園閣

 e7a587e59c92e996a3e3818be38289e58d97e69db1e38292e69c9be382802

                  最上階からの眺め

e79fb3e5b79de4ba94e58fb3e8a19be99680e381aee5a293               

                                  石川五右衛門の墓

 

sakuragai6 の紹介

京都を愛する、ロマンティストの男性シニアです。
カテゴリー: 墓石, 寺院, 建物   パーマリンク

大雲院 (祇園閣 )のみどころ への2件のコメント

  1. ぽん より:

    中、見てこられたんですか?いいなぁ~
    彫刻とかじっくり見てみたいです。

    ところで、三柱鳥居があんな所にあるの、知りませんでした。間もなくご近所の、某宗教団体が買い取った植治の庭が公開になるようですが・・・

  2. sakuragai6 より:

    ぽんさま

    祇園閣の内部の壁画は撮影が禁止のためご紹介できないのが残念ですが
    とても綺麗でしたよ。 私にとっては2回目の見学でしたが目的意識によって印象度が全く異なるものですね。

    三柱鳥居は以前から関心を寄せていたのですが抽選のすえ、ようやく目的を
    果たすことができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>