若冲忌   石峰寺

若冲忌が今日(平成21年9月10日)に伏見区深草の石峰寺で行われました。  午前10時半

からの法要の後、若冲の掛け軸の特別公開などもありました。(一部は ミホミュージアムの

若冲展に出展中、また細見美術館にもお得意の鶏の絵が展示されていますのでご参考までに・・) 

 ここは黄檗宗のお寺で竜宮造りの赤門など独特の雰囲気が漂っています。 本堂の背後の山中

には若冲が下絵を書いて作らせたといわれる表情ゆたかな石仏群が参詣者を楽しませてくれます。  

本日は拝観料もすべて無料で一日開放されました。

e7be85e6bca21

       石仏五百羅漢の一部

e88ba5e586b2e381aee5a293

若冲の墓石の表面に「斗米庵若冲居士墓」としるされています。

鶏の絵を求める人は白米一斗を謝礼としたので斗米庵と

いわれたそうです。  なお墓は相国寺の墓地にもあります。

sakuragai6 の紹介

京都を愛する、ロマンティストの男性シニアです。
カテゴリー: 墓石, 寺院   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>