京の三町堂

中世の室町時代から民衆の町堂として京の人びとが、にぎやかに集まる集会所の役目を果たして

来た寺院があります。  その代表的なのが次の三寺院ですが、それ以外にも町堂に近い性格

を持っていたお寺としては千本閻魔堂などかあります。   因幡堂は本尊の薬師如来が

七仏薬師の一つとして治病、安産の霊験があると宗派を超えて町衆の信仰が篤く人びとの連帯

によって守られるお寺になっていたのです。   また革堂は上京の町堂、六角堂は下京の町堂と

呼ばれていたようです。

① 因幡堂平等寺

本尊の薬師如来像は清涼寺の釈迦如来、善光寺(長野)の阿弥陀如来とともに

日本三如来の一つです。  高倉天皇が寵愛された小督局の遺愛の琴や毛髪を

織り込んだ光明真言などのリアルな遺品が伝わっています。

e59ba0e5b9a1e5a082

② 革堂行願寺

開祖の行円上人がいつも革の衣をまとっていたので「革聖」と呼ばれるようになりました。

西国観音霊場の第19番札所、また「都七福神めぐり」の寿老神礼拝所になっています。

e99da9e5a082

③ 六角堂頂法寺

「六角さん」の名称で京の人びとに親しまれてきました。

聖徳太子を開基として創建されたと伝えられています。 へそ石などで有名です。

西国観音巡礼第18番札所です。

e585ade8a792e5a082

sakuragai6 の紹介

京都を愛する、ロマンティストの男性シニアです。
カテゴリー: 寺院   パーマリンク

京の三町堂 への4件のコメント

  1. sakuragai6 より:

    320さま

    2枚とも良く撮れましたね。

  2. ヘルブラウ より:

    サクラガイさんのブログで知る京都はやはりユニークで面白いです。

    お寺さんが地域住民の集会所の役目もしていたのですね~
    皆さんでほっこりお茶でも飲むこともあったのでしようね・・・いいなぁ~

  3. sakuragai6 より:

    ヘルブラウさま

    有難うございます。 最近は京都検定向けの基本的なものを中心にして
    数字の三のつくものからシリーズ的にご紹介させて頂いています。
    でも今後、数字が増えてくると写真の扱いがむずかしくなりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>