京の五重の塔

かっては岡崎の法勝寺に高さ90mの九重の塔があったそうですが、現存する京都市の国宝・重要文化財の五重の塔は全部で五基あります。  (うち一つは東寺の宝物館にある小塔ですが、京都府下全域で見ると加茂町の海住山寺(国宝)や天の橋立の成相寺などがあります。)

① 東寺   (55m)  古都の玄関の象徴として親しまれています。  天長3年(826)弘法大師の創建着手にはじまりますが、しばしば災火を受け、焼失すること四回に及んでいます。  本瓦葺で現存する木造の塔として最高で最大の五重の塔(国宝)です。  寛永21年(1644)に徳川家光の寄進によって完成し現在で五代目です。

 r00108784

② 醍醐寺          (約38m)

京都府下に現存する最古の木造建築物で国宝です。 朱雀天皇が承平6(936)に着工し村上天皇の天暦5年(951)に完成しました。 屋根の上の相輪は約13mで塔の3分の1を占め安定感があります。 ちなみに市街地の現存最古は大報恩寺(千本釈迦堂)で応仁の乱でも燃えずに残りました。

 

 img_04022

③ 仁和寺  (36m)

寛永2年(1644)の建立。   各層の屋根の大きさがほぼ同じという江戸期の特徴を示しています。

e696b0e38197e38184e3839be383abe38380e383bc-084

法観寺 (八坂の塔)  46m

本瓦葺きで589年、聖徳太子の建立です。 東山一帯のシンボルとして親しまれています。

e696b0e38197e38184e3839be383abe38380e383bc3-1401

sakuragai6 の紹介

京都を愛する、ロマンティストの男性シニアです。
カテゴリー: 寺院, 建物   パーマリンク

京の五重の塔 への8件のコメント

  1. 320 より:

    幸田 露伴作「五重塔」。私の地元、上野寛永寺が舞台です。
    惜しい事に私が幼い頃に消失して未だ再建されていません。
    一本木の心柱と組み木の屋根の収縮率の相違がある為、心柱がカットオフされた
    痕跡が東寺の五重塔にあると聞きました。地震では倒壊した記録はないとか。
    日本の大工は最高です。

  2. augustaugust より:

    五重塔ってなんだか好きです。
    いろんな雰囲気をもってますよね。

    以前、篆刻の講義を仏教大の講座で受けてた時に
    先生から
    五重塔の水煙の柄が塔によってさまざま
    大変興味深いという話を聞きました。

    今までみた中で一番好きなのは
    山形県の羽黒山中の古い五重塔です。
    杉木立の中に現れる姿は神秘的です。
    しぶいんだわ~。

  3. sakuragai6 より:

    320さま

    五重塔の再建には財力のあるスポンサーが必要なようですね。

  4. sakuragai6 より:

    augustaugustさま

    お隣の奈良県に目を向けて見ると、石楠花が今盛りの室生寺には
    屋外で日本最小の五重塔(国宝、平安初期)や、牡丹が満開の長谷寺
    の五重塔などもなかなか綺麗ですよ。
    さらには大化改新の発祥地、談山神社の十三重塔なども見ごたえがあります。

  5. 320 より:

    桜が散った平野神社の回りは花菖蒲や菖蒲、ジャーマンアイリスで綺麗です。

    私どもの制服は黒のスーツでして着物ではございません。

    結論は袖が無い、つまり「ない袖は振れない」。。。。

  6. sakuragai6 より:

    320さま

    今回のギャグは高級すぎて・・・
    その心を教えてください。

  7. 320 より:

    え~何故これが面白いかと云うと、寛永寺の五重塔を再建する見識と文化意識を持った人が、この国には今はおらんと云う事ですが。
    簡単明瞭、定額給付金みたいなお話でんがな。

  8. sakuragai6 より:

    320さま

    了解々。  てっきり平野神社と花菖蒲にこだわっていました。
    失礼しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>