日本最大で唯一の都の城壁  御土居

京都を訪れる外国人から、『何故日本の都に城壁が築かれなかったのか?』と聞かれることが多いそうです。しかし、かっては京都にも総延長22.5キロもの城壁があったのです。   部分的ですが、いまも御土居または御土居堀とよばれる跡地が市内に点在しています。   豊臣秀吉が天正19年(1591)に短期間で造らせた土塁と堀で、16世紀末の市街地を囲んでいました。北は鷹峯、東は鴨川、西は紙屋川、南は九条あたりに沿って築かれ、内側を「洛中」外側を「洛外」と呼び、要所にはいわゆる七口を設け洛外との出入り口にしていました。  秀吉は天下統一の完成期に戦火で荒廃した京都を再生する為に4つのプロジェクトを実施しました。  それは聚楽第の造営、洛中の寺院を集めた寺町の建設、碁盤の目状の道路をさらに細分化した新しい道路の建設、そして御土居の築造です。  「御土居掘ものがたり」の著者、中村武生氏は築造の理由には謎が多い。水害などの防災と植栽した竹藪は建築などの用途に役立っているが、外敵の侵入への防御というより『支配者の権力の及ぶ範囲を目に見える形にするのが狙いだったのでは」と説明されています。    現在は乱開発を食い止めるために9箇所が史蹟に指定されていますが、多くは地権者の開発を抑えきれずに崩されたり埋められたりして姿を消してしまい、一部のみが名残をとどめているのが現状です。    貴重な歴史の足跡を後世に伝える為にも保存に向けて地元の関心度を高めたいものです。

(写真説明)   「上」 は御土居史跡公園 (北区鷹峯旧土居町)

                       「中」 は現在最も良く形をとどめているマウンド (北区大宮土居町)

          「下」 は出土した石仏が並ぶ平野御土居 (北区平野鳥居前町)

       「 お詫び 」 サーバのメンテナンス中にトラブルが発生し21日~23日

              の分が欠落したために再度アップしなおしました。

              そのためにSakakibaraさまとトントンさまに頂いたコメントが

              消失してしまい誠に申し訳ありませんでした。

sakuragai6 の紹介

京都を愛する、ロマンティストの男性シニアです。
カテゴリー:   パーマリンク

日本最大で唯一の都の城壁  御土居 への6件のコメント

  1. augustaugust より:

    御土居がきれいにわかります!
    今度、平野御土居の場所をおしえてくださいね。
    都全体を囲むってすごいと思います。
    お城の近辺を敵が襲ってきた時に備えて~といった街づくりは
    見られるけど。
    西洋には確かに沢山見られますね。
    唯一しっかり目視確認できたのが
    ドイツのローテンブルグ。
    昔からの街全体が囲まれて、新しい時代の建物は
    壁の外にありましたね。
    団体旅行なら、ちょっと観光したら通り過ぎる街。
    (そう、すぐに観光し尽すくらい小さい街です)
    そこに1泊したのを思い出します。
    すんごく好きだったレバー団子のスープ。
    2回食べに行きましたよ。
    お~、全く関係ない話になってしまった。
    しかし、おいしかったんだよなぁ~・・・。

  2. な、なんと絶妙のタイミングでサーバーダウン。これをピンチサーバーと申すのでしょうか。私は大歓迎で再度のダウンを期待しております。反省(猿でも出来る)。
    隣の家に囲いが出来たってね~「へ~。」

    囲い塀、城壁、国境の壁、宗教の壁ねんて作らなくてもよいものは嫌いです。

  3. sakuragai6 より:

    augustaugustさま

    平野御土居は北野天満宮の北,紙屋川沿いの東側を少し北に上ったところです。
        
    日本は外国のように騎馬軍団による外敵の襲撃がなかったので、城壁の必要性は少なかったのでしょうね。   
    私がロマンチック街道など、ドイツを旅したはもう20年以上も前のことです。

    ここはドイツ在住のヘルブラウさまにご登場いただきたいところですね。

  4. sakuragai6 より:

    Mitsuo Sakakibara さま

    懲りずに再びのご登場ウエルカムです。
    ヘルブラウさまが「花なび」でMitsuoさまは面白いお方ですねと仰っておられますが
    本当に軽妙洒脱なユーモアとギャグのセンスが抜群ですね。
    ここでも、”誰がひいたか水平線の波にかくれた国ざかい” の一節が通用しそうですね。

  5. yamana より:

    中村先生の論考は存じております。が、わからないことは多いです。まぜ北西部はあれほど張り出しているのか。御土居堀に沿って歩いたことがあります。今はもちろん、昔も市街地とはいえなかったであろう鷹ヶ峯近くの高地がなぜに囲まれていたのか。

    当時何度もそこを通って丹波へ通いました。しかし、そこに有力勢力はありません。謎。

  6. sakuragai6 より:

    yamanaさま

    ご指摘のように最大のミステリアスポイントですね。

    推論でなく決定力のある史料でも見つかったらすごいことですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>