初詣の神社にて   ~北野天満宮と平岡八幡宮~

明けましておめでとうございます。  今年もご愛読のほどよろしくお願いします。                       さて今年は丑年で天神さんの使いは牛ですね。  北野天満宮では本物の牛の親子が登場しました。 (3日まで、宝物殿の北側です。写真上)  母親はミカ(12歳)、子供は宮富[2ヶ月半]です。   また楼門の脇には、源氏物語千年紀にちなんで「紅葉賀」の場面を再現した西陣織の糸人形もお目見えして、光源氏や頭中将などの姿が再現されています。(6日まで、写真は2段目)          一方、平岡八幡宮では創建1200年を記念して正月三が日の間、ご神体の「僧形八幡神像」を本殿で公開しています。(写真3段目)   これは複製ながら弘法大師空海が自ら描かれたものです。 当社は神護寺の守護神として創建された山城国最古の八幡宮です。     ともすると見落としがちなのですが本殿の蛙股には珍しい「琴弾き弁財天」の姿がみられます。 (芸能、音楽、財運の神ですが通常の楽器は琵琶なのです。 写真下をご参照ください。)                                これから不況色のきびしい時代に向かいそうですが、弘法大師のようなスーパースター(救世主)の出現が待たれるところです。

(場所)  北野天満宮  上京区馬喰町

       平岡天満宮  右京区梅ケ畑宮ノ口町23

sakuragai6 の紹介

京都を愛する、ロマンティストの男性シニアです。
カテゴリー: 動物, 源氏ゆかり, 神社   パーマリンク

初詣の神社にて   ~北野天満宮と平岡八幡宮~ への18件のコメント

  1. 謹賀新年!今年は86歳のお母さん3人をお供して北野天満宮へお供が最初でした。
    駐車場が一杯で已む無く周辺で待機となりました。昔のお嬢様3人に圧倒された元旦でした。源氏の君って女性を一度もふらないのが良い所ですよね。末摘花でも。

    さくらがい先輩、今年も宜しくお願いいたします。

  2. ぽん より:

    あけましておめでとうございます。
    去年はいろいろおおきにでした。また今年も遊んでくださいね。

    平岡さんって、いきなりマニアな初詣ですね。
    さすがに。

  3. ayami より:

    あけましておめでとうございます!!

    うちの家も毎年元旦に北野天満宮にお参りするのが恒例なんです◎
    もしかしたらどこかでお会いしていたかもしれませんね…☆

    しかし残念ながら、牛の親子におめもじできませんでした。。

    今年もよろしくお願いもうしあげます(*^^*)

    彩未

  4. sakuragai6 より:

    Mitsuo Sakakibaraさま

    こちらこそよろしくお願いします。

    確かにプレーボーイではありますが、とことん 女性の面倒を見るところが
    立派ですね。

  5. sakuragai6 より:

    ぽんさま

    ブログ700回の達成おめでとうございます!!

    平岡八幡宮は歌舞伎「靭猿」の舞台背景の神社です。  この日は寒中を宮司さんが公開の神像の説明と
    合い間に参拝者のひとりひとりに声をかけておられました。

    今年も頑張りましょう!

  6. sakuragai6 より:

    ayamiさま

    おめでとうございます。
    ネットカフェの利用者が急増しているみたいですね。
    12月29日の「暴れん坊将軍」を見逃したのが残念です!
    次回からは必ず・・・

  7. みっちゃん より:

    あけましておめでとうございます。
    今年も京都の情報を楽しみにしています。
    北野天満宮、平岡八幡宮でのお正月風景からやはり元旦は特別な日だと感じますね。北野天満宮の選ばれたうしさん親子は晴れ舞台の前には磨かれ、毛並みも綺麗なんでしょうね。うしさんにとっては「もぉ~っいやだぁ」の声が聞こえてきそう。
    平岡天満宮の本殿で公開されているご神体「僧形八幡神像」は複製とのことですが
    1200年前に弘法大師空海が自ら描かれたものとは・・・・・・スーパースターですね。

  8. sakuragai6 より:

    みっちゃんさま

    おめでとうございます。 今年もどうぞよろしくお願いします。

    牛は畳を風防にして貰っているのですが、寒さが応えるのか大勢の人間の
    視線が痛いのか、本当に「もぉ~結構」という感じで横たわっていますね。
    子供も親の陰に隠れてなかなか簡単には撮らしてはくれませんでした。

  9. 京都の春は白玉椿から。平岡八幡の白玉椿が咲くと京都の春の始まりですね。

    恥ずかしながら小生は傍らを通過するのみで、まだ行ってなにのですが・・・

  10. sakuragai6 より:

    Mitsuo Sakakibaraさま

    毎年春と秋には「花の天井」を公開していますので、その時にご覧になると
    よろしいかと思います。  神殿の天井に極彩色の花絵が44枚描かれています。

  11. yamana より:

    おめでとうございます。
    平岡八幡宮といえば宮司さんのお話がためになりますよね。今年の初詣は大阪のお初天神でした。
    波乱含みの2009年です。確かに弘法大師のようなスーパースターを待望する気持ちはわかります。しかし4分の3世紀前に経済が崩壊した国に現れたスーパースターがいったい何を行ったのか。。。歴史に学びつつ冷静に国家の未来を選びたいものです。

  12. lapis☆ より:

    初春のお喜び申し上げます。
    旧年中は大変お世話になり、有り難うございました。
    すっかりご無沙汰してしまい失礼いたしました。
    本年もさくらがいさんご一家の、益々のご健康とご活躍をお祈り申し上げます。
    素敵なブログ、興味深く楽しく拝見させていただいております!
    今年もよろしくお願いいたします。 (⌒▽⌒)

  13. sakuragai6 より:

    yamanaさま

    今年もどうぞよろしくお願いします。  平岡八幡宮の佐々木宮司さんは確かに
    博識で説得力のあるお話でした。

    戦国時代は「渡る世間に頼れるものは己の腕と腰の剱」でしたが、これからは
    良心ある人たちとのネットワークの時代ということでしょうか。

  14. sakuragai6 より:

    lapisさま

    お元気のもようで何よりです。 今年も「ホーム」と「花なび」の二本だての
    ページで進めてまいりますのでよろしくお願いします。

    なお「花なび」は他の方の写真映像とともに観光客向けに市内のホテルや
    鉄道駅など7箇所のモニターにも流れているようです。

  15. ヘルブラウ より:

    新年明けましておめでとうございます。
    新年がさくらがい様にご多幸の年であることを願います。

    弘法大師さまは絵心もおありだったんですね~
    古代人はすばらしいものです。

    本年もどうぞよろしゅうに!

  16. sakuragai6 より:

    ヘルブラウさま

    有難うございます。  本当に大師はオールマイティーですね。

    今年はスパムもなく、持ち前の軽妙洒脱なタッチで楽しませてください。

    「隠れ処の風流人」は期待していますよ。

  17. augustaugust より:

    郷里から京都へ戻るときに
    近所の八幡様を通りがかりで拝むくらいしか
    今年は初詣にまだ行っていない私・・・。

    弁財天、琴もひくのですね。
    ちょっと平等院の飛天を思い出しちゃった。
    お家に飛天一人、欲しいなぁ~って、行った時に思いました。

  18. sakuragai6 より:

    augustaugustさま

    すばらしい連想ですね。   平等院の国宝、雲中供養菩薩像は全部で52体も、

    楽器は琴、琵琶、鼓、鉦鼓、横笛、大太鼓、笙、鞨鼓など多種多様で本当に

    極楽浄土の光景ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>