京町家 秦家のお昼ごはん

   秦家は代々,小児薬の奇應丸を商ってきた商家でそれ以前は両替商をしていたと伝えられています。   現在の建物はどんどん焼け(1864年の蛤御門の変)の大火で焼失後、明治2年に江戸時代以来の伝統的様式を継承して再建されたものです。  店舗、住宅、土蔵を二つの庭でつなぐ表屋造(店を通り側に独立して建てたもの)と呼ばれる京町家です。  当家は敷地(110坪)全体として下京の伝統的商家のおもかげを良く伝える住宅として京都市指定登録文化財になっています。    料理は一日一組に限定、献立は京都の旬の食材を使った和食です。     ちなみに11月21日のメニューは以下の内容でした。     *焼きしいたけとほうれん草のごまあえ・昆布じめの鯛の押し寿司・豆腐の葛あんかけ・わかめと帆立貝柱の辛子酢味噌あえ・鮎の焼きものに、しめじと百合根の甘煮ゆず添え・カボチャ、青菜、豆と生麩・牡蠣のつくだに風の煮もの・湯葉入りすまし汁・香の物・ご飯・そして最後のデザートは柿とラ・フランス。       なかなか美味しい味で量も十分満足できる内容です。 ( 女主人の秦めぐみさんは「京の町家 おりおりの季節ごはん」という本を出版されています。)    食後に建物の内部を各部屋から舞台裏など、すみずまで 案内して頂きました。

(食事の申込)    昼夜ともに一日一組(4名以上20人まで予約制)  昼5000円 

                            (12.00~15.00)        夜(18.00~21.00)は別料金

(住所)             下京区油小路通り仏光寺下ル太子山町

(写真)           上は建物の外観    その他は料理の一部です。

sakuragai6 の紹介

京都を愛する、ロマンティストの男性シニアです。
カテゴリー: 建物, 食事   パーマリンク

京町家 秦家のお昼ごはん への9件のコメント

  1. ぽん より:

    昨日はおおきにありがとうございました♪
    なるほど、これですね。
    いかにも町家の手作りご飯という感じでおいしそうです、ホンマに。あの雰囲気でこんなのを頂くとほっこりしますね。

  2. sakuragai6 より:

    ぽんさま

    早速のご訪問を有難うございます。  確かに味覚は雰囲気にも左右されますね。
    私が気に入ったのは、ふと隠し味を感じさせるようなお寿司とすまし汁でした。    ここは値段もまずまずリーズナブルで 「なかひがし」につぐ二推しどころといえる
    かもです。

  3. ayami より:

    ”一日一組限定”って憧れます(≧▼≦)
    でも、まだうちにお昼で5000円は厳しいです…。
    いわゆる京会席のようなお料理ではないんですね~◎

  4. sakuragai6 より:

    ayamiさま

    「美の巨人たち』拝見しました。    上村松園の役とは抜擢ですね!
    なかなかいい感じでしたよ。   大石内蔵助とのコンビも楽しそうですね。

    ミニ会席膳は別として、本懐石膳になるともっと高価になりそうですね。
    どうしても料理の他に器などの付加価値が上乗せになるからでしょうか。

  5. ayami より:

    ありがとうございました!
    うちも、友達がくれたDVDで見ました◎
    自分がアップでテレビに映っているのが
    なんだかとても不思議な気がしました…(^^;)
    撮影は四条西洞院にある町家をお借りして行ないました◎

    うち、町家に住むのが憧れなんです(*^^*)
    夢ですけど…☆
    sakuragaiさんは、もしかして町家にお住まいなのでしょうか◎
    勝手に想像しちゃいましたが。

  6. sakuragai6 より:

    ayamiさま

    残念ながら町家ではありません。    でも親子の柴犬を二匹放し飼いにしてやり
    果物の木も数種類あります。   子粒ですが、いまは柿の実が鈴なりで差し入れも
    可能すよ。

  7. ayami より:

    きっと、お庭やおうちには四季折々の風が絶えることなく
    流れているんでしょうね(*^^*)
    静かで、少し薄暗いお庭がうちの憧れなんです(≧▼≦)

    柿は好きな果物ベスト3くらいに入ります☆
    やわらかぁくなったのが好きです◎

  8. みっちゃん より:

    うわぁー雰囲気といい、よろしおすねぇ。ここで調理される食材も幸せです。
    じっくり味を噛みしめて食べれば美味しさもひとしおでしょう。このような時間を楽しまれる桜貝さんは本当にステキです。

  9. sakuragai6 より:

    みっちやんさま

    先日は有難うございました。

    指定登録文化財の町家住宅は全部で3軒ありますが、お食事を
    頂けるのは秦住宅だけです。  今回は千日回峯行の道を共に
    歩んだ仲間(5人)の人たちと訪ねましたが、全員が満足された
    ようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>