篤姫が訪れたと思われる   即宗院

 

大河ドラマ「篤姫」も、いよいよ大詰めを迎えています。  薩摩藩島津家の養女から将軍の正室となった篤姫は嘉永6年(1853)年の秋、江戸に向かう途中、秋の京都に立ち寄ります。 篤姫が参拝したと伝わる東福寺の即宗院は室町時代から京都における島津家の菩提寺でした。  またここはドラマで篤姫と深い関わりのある西郷隆盛にゆかりのある場所でもあります。                     平安時代 後期に関白藤原忠道(近衛家)がこの地に御所の東御堂を建立しその子、公家九条家の始祖である兼実が山荘「月輪殿]としました。  即宗院の庭はその跡地です。  「紅葉と苔」の美しさに定評のあるこの庭には赤と黄色の『千両」の実が色をそえています。  変わったところでは、唸り声が聞こえそうな松の姿も発見し写真でご紹介していますので、「花情報」欄もごらんなって見てください.   西郷隆盛は慶応4年(1868)の鳥羽伏見の戦いに際して、当地に薩摩軍の屯営を構えて、当院の裏山山頂に砲列を敷いて淀から進撃する幕府軍を砲撃して戦果を収めました。 倒幕後に西郷隆盛は明治維新で戦死した524の霊を供養する為に,自ら筆をとって銘文を作り東征戦亡の碑を建立しました。

(写真)     上は庭園  下は西郷隆盛自筆の薩摩藩士東征戦亡の碑

(場所)     東山区本町15丁目 東福寺内 (龍吟庵の隣)

(公開期間)  毎年11月1日~11月30日

sakuragai6 の紹介

京都を愛する、ロマンティストの男性シニアです。
カテゴリー: その他, 寺院, 庭園   パーマリンク

篤姫が訪れたと思われる   即宗院 への4件のコメント

  1. augustaugust より:

    誘いをかけられているようなアングルの
    お庭の写真ですねぇ~。
    そろそろ色づいてきてるのじゃないかしら?

  2. sakuragai6 より:

    augustaugustさま

    そんなに広い庭園ではありませんが、室町時代後期の庭園は公家寝殿造り系の、鈎の手[心」になった池の地割り・滝の位置などが往時をしのばせるものがあります。
    入園料も200円と意外に安いですよ。
    紅葉はもう少し先ですが・・・・

  3. みっちゃん より:

    即宗院はそのような歴史があるんですね。今年は篤姫で一般公開しているんでしょうか? ”人(松)の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し”ですがどうか軽い荷物にして欲しいですわ。

  4. sakuragai6 より:

    みっちゃんさま

    まったく同感です。

    人間社会と同じく、シエイプアップには大変な苦労がつきまとうようですね。
    (でも私の意思ではないのです・・・は松の蔭の声)

    善峯寺の遊龍松などは600年も生きつづけているのですから、それこそ紆余曲折
    があったことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>