花山天文台の訪問記

京都大学花山天文台は毎年秋に一般公開をしています。(先着500名に限定)    内容は施設の公開・展示陳列と天体の観望会を行うほか講演会なども交えて花山・飛騨天文台で現在行われている最先端のの天文学研究をわかりやすく説明してくれます。       昼間は太陽をまた夜は月の観望(45cm屈折望遠鏡による観望は抽選で100名)の体験ができます。  全部で5つの建物がありますが本館は直径9mのドームを載せた、いかにも天文台らしい雰囲気のある建物です。    昼の訪問でしたが幸いに45cm屈折望遠鏡(レンズ使用としては国内3番目の大きさ)で観望の機会を得られて、肉眼では見えにくい金星を真近に楽しむことができました。

 (写真 )       上は本館の天文台ドーム  下は45cm屈折望遠鏡

(場所)        山科区北花山大峰町

(交通)        当日は地下鉄東西線の蹴上駅から専用のシャトルバスを運行

 

 

sakuragai6 の紹介

京都を愛する、ロマンティストの男性シニアです。
カテゴリー: 建物   パーマリンク

花山天文台の訪問記 への9件のコメント

  1. この花山天文台にはたまにお迎えがあるのですが、私は部屋の中に入ってお迎えに
    行った事があります。PCが10台位ずらりと並んでいました。
    ご乗車戴いた研究員の方に「こんな町の中の天文台では禄に星も見えないのでは?」と無粋な質問をしたところ、研究員の方は微笑られて「ここではコロナなどの太陽活動の研究をしているので問題はない」とのお答えでした。

    蜂のムサシは死んだのさ・・・

  2. sakuragai6 より:

    Mitsuo Sakakibaraさま

    なかなかユーモアのある研究員さんなのですね。

  3. ええ若い女性の研究員でした。
    宇宙空間にあるハップル天文台とは天と地の差もありますが・・
    それぞれに役割があるんですね~。

  4. augustaugust より:

    街の近くで~と思いましたが
    太陽の活動観察なら問題ないですね。
    一度大きな望遠鏡で夜空を見てみたいものです。

  5. sakuragai6 より:

    augustaugustさま

    いつも有難うございます。 将来計画としては 「4次元宇宙体験プラネタリュウム」や「宇宙観測学習館」 を組み入れた 「花山宇宙科学舘」 の建設が予定されているらしいですよ。

  6. 廣瀬忠彦 より:

    初めまして。 私は昔、京都市に住んでいた者です。

    突然で恐れ入りますが、あなた様の花山天文台の全景写真を、私のブログページに転載させていただけませんでしょうか。お願いいたします。

    私のウェブサイトは、上記のブログのほかに、ホームページも公開しています。アドレスは、 http://www.h6.dion.ne.jp/~chusan55 です。

    可否のご返信をくださいますようお願いします。

  7. sakuragai6 より:

    廣瀬忠彦様

    お役に立つようでしたら、ご遠慮なくどうぞ。

  8. 廣瀬忠彦 より:

    遅くなりましたが、今日(2010年8月16日)の私のブログに、あなた様の花山天文台の写真を転載させていただきました。また、こちらのブログにリンクも貼らせていただきました。ご厚意有難うございました。
    お気づきの点がありましたら、ご指摘ください。

  9. sakuragai6 より:

    広瀬忠彦様

    ご丁寧に有り難うございます。 ホームページも拝見させて頂き
    ましたが「野菜の語り部」が素晴らしい内容でとても参考になり
    ます。 「お気に入り」に加えさせて頂きました。

    手前味噌ですが私のブログには「京に咲く季節の花」の
    ご紹介欄もありますので最上の段の「花なび」をクリックして見て
    やってください。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>