動物園の中にあの寺が・・・

p5140054.JPGp5140053.JPGp5140055.JPG 

  子供達だけでなく、大人も楽しませてくれる動物園の中に素晴らしい歴史の足跡

  が刻まれています。     

  それは猛獣の檻の向い側にある法勝寺 (六勝寺の筆頭寺院址) です。   

  六勝寺は藤原末期の院政時代に建立された六つの寺でそれぞれの

  寺名に勝の字がつくので、そう呼ばれています。   法勝寺は白河天皇の発願によって

  建てられた寺院です。

  かつて高さが80メートルを越える九重塔が存在していたそうです。  現在の動物園は

  そのほぼ南半分にあたるようです。   ちなみに動物園の総面積は約12300坪です。

  にらみのきく、ライオンやジャガーなどにしっかりと、ガードされているかのようですね。

  なお、思うようにならない例え ”鴨川の水、双六の賽、山法師” は白河院の言葉です。

sakuragai6 の紹介

京都を愛する、ロマンティストの男性シニアです。
カテゴリー: 動物, 石碑   パーマリンク

動物園の中にあの寺が・・・ への4件のコメント

  1. lapis☆ より:

    わぁ♪ 動物園は学生の時に行ったのが最後かも?
    大人も楽しめる動物園♪へ、のんびり行ってみようかなぁ。
    いいですねぇ〜。 (⌒▽⌒)

  2. sakuragai6 より:

     写真のライオンはおとなしく収まっていますが、直前まではのっしのっしと
     周囲を歩き回りながら、迫力のある咆哮を放っていました。

     また近くの檻ではたぬきが小屋から出たり入ったりしながら近くまで姿を見せて
     くれました。

  3. ヘルブラウ より:

    娘たちが幼いころはよく動物園は好きで行っていたのですが最近はごぶさたです。

    ハンブルクには個人経営では最大のハーゲンベック ティアパーク(動物園)があります。

    象をはじめてヨーロッパの動物園で観られることになった歴史のある園で
    戦時中の食糧難のため象を殺さなくてはならなかった哀しいお話もあります。

    ー鴨川の水、双六の賽、山法師ー 、白河院だったのですね。
    ここでまたひとつ賢くなりました。おおきにー

  4. sakuragai6 より:

    動物園では暫し、狸の檻の前に陣取って生態をつぶさに観察してきました。

    余談ですが、先月ベルリンでは佐渡裕がベルリン・コンツエルトハウス交響楽団を
    指揮してのコンサートが開催されたようですね。
    曲目もドイツの方にはポピュラーなテイル・オイレンシュピーケルの愉快ないたずら
    (シュトラウス)やバイオリン協奏曲(ブラームス)、ハイドンの交響曲44番など
    ドイツには更にベートーベンにメンデルスゾーンなどと優れた作曲家が多いですね。

    ドイツの藤の花も綺麗でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>